はぐれメタルはにげだした

身近な趣味からテクニカルな話題まで幅広く取り扱っていきます

電子書籍

eBookJapanの無料アプリやポイントセールなどサービス徹底解説!

投稿日:2018年2月12日 更新日:

この記事の所要時間: 844

この記事では、電子書籍ストアeBookJapanのサービス内容から運営会社の評価まで徹底的に解説します。

電子書籍サービスが続々と増えてきてる一方、各社のサービスの違いってよく分からないですよね。

ここでは僕が愛用しているeBookJapanに焦点を当てて、お得なクーポンや無料配信情報などのサービス内容と、運営企業の安全性についてまとめてみました。

記事の最後には、新規会員限定キャンペーンに参加できる会員登録方法も載せていますので、この機会にぜひ使ってみてください。

 

eBookJapanとは

eBookJapanの特徴

eBookJapanは、2018年2月現在合計60万タイトルを配信している電子書籍販売サイトです。割引セールが非常に盛んで、値引き販売や半額ポイントバックなどのお財布に優しいサービス展開をしてくれているのが特徴です。

 

電子書籍を読む方法

eBookJapanで買った電子書籍を読むには、専用のアプリを使う方法と、GoogleChrome、FireFox、Safariなどのインターネットブラウザを使う方法があります。

アプリは、iOS/Android/Windows/Macの4つのOSで提供されています。買った本の閲覧は全てアプリから、サイト上での立ち読みはブラウザを使います。

僕は主にiPhoneとMacを使っていますが、残念ながらスマホだと画面が小さすぎて見開きページでも片面ずつしか見れません。

買った本を本棚チックに表示するなどデザインに遊び心があるところは気に入ってます。

例:ebookjapanの本棚

例:ebookjapanの本棚

 

eBookポイント

eBookポイントは、1ポイント=1円で電子書籍の支払いに利用できます。

ポイントは書籍の購入完了時に付与されて、1年で失効です。

購入方法 付与ポイント
単品買い 購入金額の1%(ポイント支払額を除く)
全巻まとめ買い 購入金額の5%(ポイント支払額を除く)

↑な感じなので、単品買いよりも全巻まとめ買いのほうがお得にポイントを貯められます。

ただ、実際5%はたいして美味しくないです。

一番効率的な貯め方としてはポイント50倍などの大型セール中に買うのがオススメです。

 

豊富な割引セール

eBookJapanの最大の売りは、ほぼ毎日更新される割引セールです。

同時に100近くのセールが開催されていて、内容もポイント数十倍、割引数十%など強力なラインナップです。

いつ、どういう割引セールが開催されるかは分からないんですが、大型セールが開催されるタイミングは大体この2つ↓です。

  • 人気作品の新刊発売日
  • 年末年始やゴールデンウィークなどのオフシーズン

利用者のアクセスが増えるタイミングで、インパクトのあるセールをトップページに表示して売上倍増を図っているんでしょうね〜。

僕はまんまと術中にハマっております。

人気作品の発売日には、旧刊や過去作品の全巻割引セールやまとめ買いポイント倍増セールが開かれる傾向です。

大型連休シーズンのセールは特に豪華で、ビッグタイトルの半額やポイント50倍バックがごろごろ出現します。

僕は年に数回開かれる大規模セールのタイミングで、子供の頃に好きだった作品を全巻まとめ買いし、貯まったポイントで最近の気になる作品をちまちま買うようにしています。

 

無料配信

eBookJapanで取り扱われている全ての作品は無料立ち読みができます。立ち読みは非会員でもできるんで、eBookJapanってどんなもんかちょっくら試してみたいよって人でも使うことができます。

あと、無料作品を集めた特設ページが用意されてるんですが、ダウンロードタイプではない作品ならこれも非会員でも見ることができます。

無料会員登録すればダウンロードタイプも読めるので、興味のある方はこの記事の下段のある会員登録手順を参考にしてください。

ちなみに非会員はブラウザでの閲覧になるんで、しおりが使えないとか機能的にはやや乏しくなってきます。

 

新刊オート便

新刊オート便は、あらかじめ書籍を登録しておくと、新刊の発売日に自動で購入されてメール通知が届く機能です。

必ず買ってるマンガや毎週読んでる雑誌とかを登録しておけば、購入の手間も買い忘れもなくせるので僕も愛用しています。

「自動で買う」という仕組みなので、クレジットカードの登録をするのが利用条件です。

残念ながらオート新刊についてはポイントでは買えません。

 

eBookサイン会

この記事を書くために色々調査してて初めて知ったんですが、eBookJapanでは作家さんの電子サイン会も開催しているようです。

サインの対象となる作品の購入後に応募して当選すると、自分の電子書籍にだけ作家さんのサイン付きイラストが表示されるようになるとのこと。

さらに、実際にサインしている様子を撮影して公開してくれたり、サイン色紙の実物が後日郵送で送られて来るなどファンにとっては嬉しいサービスですね!

過去に以下の作家さんがこの企画に登場しているようです。

作家名 対象作品
望月桜先生 『天に恋う』第13巻
おがきちか先生 『Landreaall』第30巻
里見U先生 『八雲さんは餌づけがしたい。』第4巻
絵本奈央先生 『荒ぶる季節の乙女どもよ。』第3巻
久米田夏緒先生 『ボクラノキセキ』第17巻
阿仁谷ユイジ先生 『阿仁谷ユイジBLワークス Baiser [Comic side]』
『阿仁谷ユイジBLワークス Baiser [Gallery side]』

 

eBookJapanの運営会社

本の所有権は誰のもの!?知っておくべき電子書籍の7つのデメリットの記事にも書きましたが、電子書籍はサービスが終了すると購入した本が全て読めなくなる恐れがあります。

なので、サービスの内容だけでなく、サービスを運営する企業の実体や業績も考慮してサービスの利用可否を判断した方が安全です。

結論から書きますが、eBookJapanを運営しているイーブックイニシアティブジャパン社は順調に業績を拡大させているので倒産リスクは限りなく低いと僕は判断しています。

 

業績と今後の成長性

eBookJapanはイーブックイニシアティブジャパン社が運営しています。同社は2000年の設立とともに電子書籍事業を開始し、今日に至るまでの日本の電子書籍業界を牽引してきた先駆け企業です。2011年にはマザーズに上場し、2013年に東証一部上場も果たしています。

公式のIR(業績広報)情報を見ると2016年度の売上高は約120億円に到達し、これは過去最大の売上額となります。さらに、2017年度はそれ以上の売上高を記録しているようで、完全に右肩上がりに事業を成長させていることが伺えます。

インプレス総合研究所の市場調査によると、2017年度の電子書籍市場そのものが急速に拡大していることから、今後もさらなる発展が期待できるのではないかと思われます。

 

会員登録と初回購入限定キャンペーンに参加する手順

eBookJapanを利用するための無料アカウント開設手順を説明します。

トップページ右上の会員登録をクリック!

eBookJapanのトップページを開き、画面右上の「会員登録」をクリック。

 

メールアドレスを入力!

受信用のメールアドレスを入力して「次に進む」ボタンをクリックします。

この時点で仮登録されます。

数分以内にメールが届きますので、そこから本登録を進めます。

 

メール本文のリンクをクリック!

登録したメールアドレス宛に下記件名のメールが届きますので、本文に記載のリンクをクリックします。

送信元メールアドレス user_account@ebookjapan.co.jp
件名 [eBookJapan会員登録] 会員登録のご案内

 

ユーザー情報を入力!

リンクをクリックすると、ユーザー情報の入力画面が開きます。

必要な情報を入力してから「入力内容を確認する」ボタンをクリックします。

 

入力したユーザー情報を確認!

入力内容を確認して問題がなければ「送信」ボタンをクリックします。

生年月日と性別以外は後で変更可能です。

ここまでで本会員登録は完了です。

 

初回購入限定キャンペーンに参加しよう!

eBookJapanでは新規会員を対象として、初回購入時のポイント還元が大きくなるキャンペーンを開催しています。

登録完了画面の中ほどにあるキャンペーンのバナーリンクをクリックしましょう。

「エントリーする」ボタンをクリックします。

これでエントリー完了です。

このキャンペーンでは、初月の購入金額に対するポイント還元が全て30%になります。

 

まとめ

この記事ではeBookJapanについてご説明しました。

eBookJapanの強みは何と言ってもまとめ買いに適した割引セールの多さですね。

ポイント50倍セールのタイミングを狙って大人買いしていけば効率的に漫画を集めることができます。

運営会社のイーブックイニシアティブジャパンも業績好調なので、安心して利用できるサービスです。

また、まとめ買いよりも単品で買うことの方が多いよって方は毎日日替わりでクーポンがもらえるBookLiveもオススメです。

電子書籍ストアBookLiveの割引クーポンから企業評価まで徹底解説!の記事で詳細をまとめてるんで、こっちもご参考ください。

-電子書籍
-, , , ,

関連記事

無料で読み放題!紙書籍と比較した電子書籍のメリット7選

この記事の所要時間: 559

この記事の所要時間: 約 5分59秒 電子書籍は便利。 安い、かさばらない、どこでも読める、エロ本買ってもバレない、ただ嫁とか子供に見つかるのは気をつけろ。特に子供。あいつら1回見つけると中毒かってく …

電子書籍ストアBookLiveの割引クーポンから企業評価まで徹底解説!

この記事の所要時間: 916

この記事の所要時間: 約 9分16秒 電子書籍サービスって年々増えてきてますが、各社のサービスの違いってイマイチよく分からないじゃないですか。 市販の本屋ならぶっちゃけどの店を利用しても大して変わらな …

本の所有権は誰のもの!?知っておくべき電子書籍の7つのデメリット

この記事の所要時間: 1013

この記事の所要時間: 約 10分13秒 電子書籍は便利だけど、便利ゆえに生まれる不便さってのもまたあるわけで。車は便利だけど維持費がかかるとか。東京は人多いから仕事に困らないけど人混み鬱陶しいとか。安 …

プロフィール

プロフィール



はぐれん@フリーランサー

10代〜20代前半くらいまではガンガンいこうぜ。20代半ばで鼻っ柱を砕かれて一度はめいれいさせろの支配下に置かれかけたものの、いや逃げりゃいいんじゃんって気付いてからはまた違う世界が見えて来た。30代半ばに差し掛かった今、いろいろやろうぜ。